FC2ブログ

ホテルシステム・旅館システムのナバック 大阪支店のブログ

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目4−13 FGEX新大阪ビル3F TEL 06-4866-6697 FAX 06-6152-8905 ※スタッフ有志で運営しています。

ホテル旅館の周りのオススメのお店を独自に紹介しましょう!

ホテルや旅館の周りにある
お勧めのお店をお客さんに尋ねられたときに
事前に地図があると紹介しやすいですよね。

さらに、そのお店の情報が
施設の皆さんが実際に見たり食べたりして確認した
情報を基にしていたら、出張者や旅行者は喜んでくれるかもしれません。

実際すごいなと思ったのは
ホテルのフロントの横に手書きの地図で
「たこ焼きマップ」
「居酒屋マップ」
などとジャンル別にお勧めのお店を紹介していたものがありました。


しかし、
単純に手書きで地図を書くだけでは
見栄えがきれいにならなかったり、難しかったりします。

かといって、
グーグルマップなどのインターネット地図を
印刷して書き込むと、
ごちゃごちゃして分かりづらかったりします。


そんなときにオススメなのが
アルプス社が公開している地図作成ツール
「ALPSLAB略地図」
http://yuru.alpslab.jp/
です。

これで
通常のマピオンの地図を基に、
略地図を作れます。

さらに、
Mapion LABsの「地図ガキ」
http://labs.mapion.co.jp/chizugaki/

を利用することで、
略地図にいろいろ情報を書き込むことが出来ます。

使い方については
「略地図がクリックするだけで簡単に作成できる「ALPSLAB 略地図」(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071211_yuru_alpslab_jp/


などのサイトをご覧ください!


ためしにナバック大阪支店の地図を作成してみました。
↓クリックして地図が拡大します




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/08/30(日) 21:00:16|
  2. 「ホテル旅館集客のヒント」記事はこちら

設備とサービス

今回はホテルの設備とサービスに関して少し記載させていただきます。
最近大阪府内にも数多くの新築ホテルがオープンしています。
どの施設も最新の設備を整え、お客様に快適空間とサービスを提供しているようです。
しかし、宿泊施設は最新の設備だけで集客を上げる事が出来ず、今年に入り料金の低価格化の傾向も強くなってます。
安くて快適、その上交通アクセスなどの立地条件まで揃わないと集客に影響が出ると言われています。
そんな事当たり前と思っていましたが、最終的にはプラスα(スタッフの接客)が大きく影響する事も改めて感じます。
たとえば、予約をインターネットで行い、お礼メールが到着。(機械的)
予約の備考欄に、特別な宿泊との記載や質問などを問い合わせても、メールで回答していただける事は当たり前。(機械的)
宿泊当日にフロントへ行くと、問合せや内容や宿泊の重要性に関して、フロントスタッフから何のフォローも頂けず、普通にチェックイン。(理解していただいていると錯覚)
お客様としては、メールで事前に問い合わせをした事が無意味と感じる。(特に混雑していれば)
そこで、予約情報の共有化をして、予約担当者とフロント担当者、出来れば携わるスタッフと宿泊情報の共有が出来ていれば、お客様より先に声をかけ笑顔で接客が出来る。(温かみ)
この行動が出来るか出来ないかで、宿泊施設のイメージが変わると思っています。
ですから、充実した設備とスタッフの心遣い(サービス)で、その施設が本来の力を発揮し、新規顧客やリピーターの確保につながると思います。
設備とサービスのバランスを考え施設の運営をしてみてはいかがでしょうか。

サービス第一!
(ふかふかのカーペットだけで満足するお客様はどれくらい?)

ナバック大阪支店 竹内
関連記事
  1. 2009/08/27(木) 14:37:41|
  2. 未分類の記事一覧

施設のリニューアルとあわせてソフト面も新しくするのはいかがでしょうか

ホテルや旅館さまは
施設にかけるコストが馬鹿にならないとよく聞きます。

私たちが作って販売しているコンピュータ関係についてもそうですが、
ほかにもまだまだコストの価格ことがたくさんあります。

特に、お部屋の数だけコストがかかる部分などがそうです。

経年劣化した部屋の内装やフロント周り。建物の外装など。

お客様が直接目にして触れるところなので、
やるからにはデザイン、機能性など、ポリシーを持って
リニューアルオープン!という勢いでやりたいものです。

そんな際にあわせて考えてほしいことが
外見や家具などのハード面だけでなく、
接客などのソフト面のリニューアルです。

思い切ってチェックイン・アウトの運用を変えるのもよしですが、
簡単にいままでの接客時の言葉遣いなどを見直すなどでも
十分、常連のお客様には通じるような気がします。

今後、
そんなソフト面でのヒントもお伝えしていければと思います。

ナバック大阪支店
片野
関連記事

テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/08/15(土) 21:44:50|
  2. 「ホテル旅館集客のヒント」記事はこちら