FC2ブログ

ホテルシステム・旅館システムのナバック 大阪支店のブログ

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目4−13 FGEX新大阪ビル3F TEL 06-4866-6697 FAX 06-6152-8905 ※スタッフ有志で運営しています。

集客と収益について(リピーター90%超え)

久しぶりの書き込みとなりました。
今回は、集客と収益に関して気になる記事が目に入って来ましたのでご紹介いたします。

(MONEYzine様のサイトより) http://moneyzine.jp
リピーター率90%超のディズニー「儲けのカラクリ」入場料よりも大きな収益の柱とは


 ゴールデンウイーク(4月25日~5月6日)がスタートした。定額給付金や高速道路の料金値下げの効果もあって、絶好の書き入れ時にテーマパークなどレジャー業界の期待が高まっている。

 その中でもどこまで集客が伸びるか注目が集まっているのが、東京ディズニーリゾート(TDR)だ。TDRを運営するオリエンタルランドが今月に発表した、「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の2パークの2008年度の入場者数は、前年度比7.1%増の2722万1000人と2年ぶりに増加し過去最高を更新した。好調を維持しながら迎えた大型連休だけに、例年以上の集客が期待できそうだ。

 不況の影響でレジャー産業全体が伸び悩む中で、TDRが客を増やし続け収益を伸ばしているのは、リピーターの存在と彼らの消費力だ。東京ディズニーランドのリピーター率は90%超ともいわれており、毎年のように新しいアトラクションを追加したり、非日常的空間を作り出すために外の風景を見せないようにするなど、子どもはもちろん大人も何度も通いたくなる仕掛けが多数施されている。

 ただしリピーター作りにもっとも貢献しているのは何と言ってもその「接客力」。ディズニーランドはその開園以来、テーマパークのサービスの基準を変えたといわれている。従来のテーマパークでは客に「いらっしゃいませ」と百貨店やホテルのように従業員がかしこまっているのが当然だったが、ディズニーランドでは「こんにちは」と親しみのある挨拶を行う。レジャー向きの接客を追求した結果、スタッフには単なる従業員ではなく、「キャスト」(演出者)として来園者を楽しませるという重要な役割が求められているのだ。
ten0017-001_m.jpg
 またディズニーランドの好調な事業を支えているのが物販収入だ。08年3月期の決算書によると、商品販売と飲食販売でテーマパーク事業の総収入の半分を稼いでおり、全体の44.5%にとどまる入場料(アトラクション・ショー)収入を上回っている。単純に考えると、入場者一人ひとりが入場料5800円(大人1日分)以上のお金をパーク内で、お土産なり飲食によって消費していることになる。ミッキーをはじめとするディズニーキャラクターのオリジナル商品をファンに提供することで、高収益を実現しているのだ。同社がレジャー産業の中でも高い利益率を確保するカラクリが、「来園者」を「買い物客」に変化させる巧妙なマーケティングに秘められているようだ。

(MONEYzine様のサイトより) http://moneyzine.jp
リピーター率90%超のディズニー「儲けのカラクリ」入場料よりも大きな収益の柱とは


この記事を見て、レジャー産業とホテル旅館業界も同様と感じました。
接客一つで集客や収益に大きな影響があり、施設に来場される方(利用客以外も)全てがお客様で、いつリピーター(ファン)になるか分からない、また宿泊以外の物品販売や宴会や婚礼等での利用に繋がるか、隠れたお客様はすぐ側に居るのではないでしょうか?
ある施設様は、宿泊者以外の業者(取引先以外)にもすごく対応が良く、仕事以外で是非宿泊したいと思う事がありました。この延長でその家族や親戚や友人にも宿泊施設を紹介したくなるのは当たり前だと思いました。心温まる接客は人を引き付けますね。

ナバック大阪支店 竹内

------------------------------------------------------------
ホテルシステム・旅館システムは「ナバック」へ
http://www.navc2.co.jp/index.html
------------------------------------------------------------
お問合せは以下までどうぞ
http://www.navc2.co.jp/inquiry/
------------------------------------------------------------

関連記事
  1. 2009/04/27(月) 13:03:13|
  2. 未分類の記事一覧