FC2ブログ

ホテルシステム・旅館システムのナバック 大阪支店のブログ

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目4−13 FGEX新大阪ビル3F TEL 06-4866-6697 FAX 06-6152-8905 ※スタッフ有志で運営しています。

新しいビジネスホテルシステム『@・CoreCom』がどのようにレベニューマネジメントを手助けするか

前回、
レベニューマネジメントをアシストする新しいホテルシステム。『@・CoreCom』アットコアコム。
という記事を書いて
新しいビジネスホテル向けのシステムを簡単にご紹介しました。

今回は
もう少し内容を掘り下げて、
『@・CoreCom』がどのようにレベニューマネジメントを
アシストするのかをご紹介したいと思います。

結構長い文章になっているので
お時間がある際にじっくりご覧いただければ幸いです。

あとで読む
↑をクリックするとあとでよむ為のURLを送ってくれます。

データ分析がレベニューマネジメントの鍵


  レベニューマネジメントを実践するに当たり、重要な要素として
  これまでの利用情報を分析する。ということがあります。
  
  お客様の利用情報を分析して、適切な売価を決定するためです。

現場の方はどのように分析、マネジメントを行っているのか


  ホテルの支配人クラスの方や予約担当の方に話を伺っていると
  結構、経験と勘に頼っている方が多いようです。

  「明日の予約がまだ足りないから値下げをする」
  「よそのホテルの値段をネットでチェックしてそれにあわせる」

  といった意見です。

勘での管理はマネジメントとはいえない


  これでは、結果として、
  勘があたって何とか予約が取れたという状況です
  予約が取れた根拠が、あいまいなため、
  今後の営業戦略として
  定着することは難しいですし、
  するどい勘の持ち主がいないことには
  対応できません。

実際のデータに裏づけされた分析が簡単に出来るようになれば


  ホテルのフロントシステムにてレベニューマネジメントを行うにあたり
  必要なデータは何なのか、
  そのデータを簡単に見ることが出来れば
  ホテルの経営戦略をより具体的に運用できるのではないかと思います。
  
  データを基に料金管理を行卯ことが出来れば
  その結果の売上分析も行いやすくなる。
  そして、その次のアクション、そのまた次のアクションの
  精度を高めることが出来るのではないか。

  といったことで、
  弊社の新しいホテルシステム『@・CoreCom』は誕生するのです。
  
  
『@・CoreCom』で分析できるデータ


  『@・CoreCom』から出力できるデータについては
  全て書くことが出来ません。
  帳票関係はユーザーにて自由にカスタマイズすることが出来るためです。
  レベニューマネジメントをアシストするデータとしては、
  
  これまでの予約状況の推移、
  これまでの売上データの推移
  といった情報が多種多様な形で見ることが出来ます。

  数字だけのデータではありません。

  これまでの予約状況の推移と
  同様な過去の日付けの予約推移の結果などを
  一目で比較できるようグラフでの出力も可能となりました。

データを分析した後の料金管理も簡単


  これらの実績データを基に、今後の経営戦略を考え
  料金に落とし込む作業は非常に簡単です。

  そして、それらの設定情報を予約担当者を始めとした
  従業員に細かく指示する必要もありません。
  予約情報を登録していけば自動的に反映されるのです。

予約サイトのレベニューマネジメントも『手間いらず』


  『@・CoreCom』の料金設定方法は
  予約サイトコントローラ『手間いらず』のそれと
  非常に似ています。

  そのため、『@・CoreCom』で設定した料金情報を基に
  『手間いらず』へ反映させることも簡単に行うことが出来ます。

  これで、インターネット上の予約サイトでの料金管理も
  簡単に行うことが出来ますよね。


『@・CoreCom』のレベニューマネジメント関連のご紹介は
このような感じでございます。

長くなりましたが、まだまだ紹介できてない部分もありますので、
気になる方は、下記からお問合せください。

デモ機を持ってお伺いいたします。


ナバック大阪支店 
片野
------------------------------------------------------------
ホテルシステム・旅館システムは「ナバック」へ
http://www.navc2.co.jp/index.html

『@・CoreCom』
▲クリックで『@・CoreCom』紹介ページへ飛びます
------------------------------------------------------------
お問合せは以下までどうぞ
http://www.navc2.co.jp/inquiry/
------------------------------------------------------------
関連記事

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/04/27(月) 18:22:27|
  2. ビジネスホテル用ホテルシステム(PMS)の記事はこちら