FC2ブログ

ホテルシステム・旅館システムのナバック 大阪支店のブログ

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目4−13 FGEX新大阪ビル3F TEL 06-4866-6697 FAX 06-6152-8905 ※スタッフ有志で運営しています。

瀬戸内国際芸術際 次回、2013年開催決定!!


新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします!


今回は高松営業所の山田が担当させていただきます。

年末にニュースを見ていると今年、大盛況だった【瀬戸内国際芸術際】の次回開催が決定したようでしたので

新聞記事を抜粋して紹介させていただきます。


<四国新聞より>

 瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長・浜田恵造香川県知事)は20日、香川県高松市内で総会を開き、3年後の2013年に第2回の瀬戸内国際芸術祭を開催することを決めた。来年度中に開催期間や会場などを盛り込んだ基本計画をまとめ、開催に向け準備を進める方針。
【→関連記事】

 次回芸術祭については、浜田知事や副会長の大西秀人高松市長らが3年後の開催に意欲を示していた。

 総会には福武総一郎総合プロデューサーや北川フラム総合ディレクターら約35人が出席。席上、今夏に実施した「瀬戸内国際芸術祭2010」の総括を事務局が報告し、来場者や島民を対象に実施したアンケート結果や収支状況などを説明した。報告では芸術祭が好評だった要因として、作品の質の高さや、住民やボランティアサポーター「こえび隊」らの協働が実現したことなどを挙げた一方、船や島内バスでの積み残しなどを今後の課題とした。

 次回開催の議案については、大西市長をはじめ、今回会場となった3町の町長らも開催への意欲を語り、全会一致で承認された。福武総合プロデューサーは「次回は規模や来場者の量よりも質の高い芸術祭を目指したい」と話した。

 今後のスケジュールは、11年度中に開催概要や期間、会場などを盛り込んだ基本計画と内容をより具体化した実施計画をまとめる予定。12年度は詳細計画を策定し、開催年の13年は最終準備に入るという。

 今回の芸術祭会期終了後の収支予算案は、剰余金1億400万円を作品改修や継続作品の運営費などに充てるほか、来年度に7100万円余を繰り越すことで了承した。

 3年後の開催が決まったことに対し、浜田知事は「うれしく思うとともに次回への緊張もある。アクセスの問題などさまざまな課題をクリアし、皆さんの期待に応えていきたい」と話した。

                                          <四国新聞より>

いろいろ課題は出たようですが今回出た課題を改善して次回はもっと盛り上がればと思います。

ちなみにまだ展示中の作品も沢山あるので一度は見ておこうと思っています。
関連記事
  1. 2011/01/06(木) 18:35:53|
  2. 観光地